東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

朝鮮人への追悼文送付求め8600筆署名 小池知事宛て、実行委提出

追悼文の送付を求める署名を東京都職員に手渡す宮川泰彦・追悼式典実行委員長(左)=8日、都庁で

写真

 東京都の小池百合子知事が昨年、関東大震災で虐殺された朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文の送付を取りやめた問題で、日朝協会都連合会などの実行委員会は八日、今年九月の式典には追悼文を送付するよう求める約八千六百筆の署名を都に提出した。

 署名は五月下旬から始め、個人八千五百九十六人に加え、百四十二団体から寄せられた。

 小池知事は今月一日の本紙インタビューで、都慰霊協会が主催する関東大震災の大法要で「都知事としてすべての犠牲者に追悼の意を示している。個別の形での追悼文の送付は控える」と述べ、今年も送付しないと明言している。

 都庁で八日に記者会見した実行委員会の宮川泰彦委員長(77)は「震災という自然災害によって失われた命と、人間の手によって殺された命は違う。それを一緒にするのはおかしい。知事は歴史的な事実を認めることから逃げ回っているようだ」と批判した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報