東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

執行文書ほぼ黒塗り 麻原元死刑囚らの遺言分からず

法務省が本紙に開示した麻原彰晃元死刑囚の「死刑執行速報」

写真

 オウム真理教の元代表、麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=らの死刑執行に関する一部文書について、法務省が本紙に情報開示した。だが、大半が黒塗りにされており、遺言内容などは明らかにされなかった。

 法務省が開示したのは、七月六日に刑が執行された麻原元死刑囚ら元教団幹部七人の「死刑執行速報」。執行が行われた拘置所の所長が法務省矯正局長らに宛てた文書で、七人の氏名や執行年月日が開示された。ただ、時刻や執行状況は黒塗りで、遺体を誰が引き取ったのかも分からない。

 黒塗りにはされているものの、麻原元死刑囚の「本人の刑に対する心情、遺言等」の欄は、ほかの六人の数倍の分量があった。

 麻原元死刑囚は執行直前、東京拘置所の職員から遺体の引き渡し先の希望を聞かれた際、「四女」と言い、職員が四女の名前を口に出して確認すると「はい」と答えたとされる。「遺言等」として、こうしたやりとりが記載されている可能性がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報