東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ボクシング 山根氏、全役職を辞任 「日本連盟に残りません」

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で会長を辞任した山根明氏が九日、共同通信の取材に応じ「会長、理事とも辞任した。過去に暴力団との関係があったと発言して混乱させたことには責任を感じる」と語った。日本連盟の吉森照夫専務理事は同日、山根氏が会長、理事をともに退くことを八日に電話で確認したと明らかにし「(日本連盟に)残りません」と述べた。

 辞任について山根氏は「(元暴力団組長から)脅迫があった二日に決めた。受けて立とうと。そうなると法人の会長ではそういうことはできないという思いがあった」と明かした。表明が遅れたことには「理事の意見と最後は妻、友人と話をした上で正式に決めた」と経緯を説明した。

 八日の辞任表明の際「(二〇二〇年)東京五輪に参加できなくても、その次の五輪もあります」と発言したことを「言葉足らずだった。東京五輪に出られなかった選手にも次はあるということ。私は東京五輪の成功を願っている」と釈明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報