東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日大チア監督パワハラか 部員が訴え大学対応せず

 日本大応援リーダー部(チアリーディング部)の女子部員が九日、女性監督から暴言などのパワハラを受けたとする声明を、代理人弁護士を通じて報道機関に公表した。精神的に追い詰められ、学内の保健体育審議会に対応を求めたが、解決されなかったとしている。日本大は「指導に支障をきたすことが懸念される」として、九日付で監督の解任を発表した。

 日本大では五月、アメリカンフットボール部の悪質反則問題が起き、「学生の皆さんを必ず守ります」などとする文書を出したばかりだった。

 日本大によると、パワハラ問題の経緯については、人権救済委員会で調査を進め、近く結論を出す予定という。女子部員に対しては臨床心理士によるケアなどサポート体制を整えたとしている。

 声明によると、パワハラ行為があったとしているのは、今年二月上旬。女子部員は当時、負傷のため受けた手術の術後経過が悪く、リハビリを続けたいと希望していた。

 監督は、部員が強豪である出身高のウエアを着用していたのを見とがめ「過去の栄光にすがりついている」と叱責(しっせき)。「成績を残せないどころか、けがで試合すら出られない」とも非難した。

 さらに、練習前に全員の前で部員を名指しして、大雪の日に大学の事務員に頼んで練習を中止にしようと画策した、と身に覚えのないことで激しくとがめた。けがの具合にも疑いをかけ「ずる賢いばかは嫌い」と暴言を吐き、大会に強行出場させようとしたという。

 部員は、審議会や学部に助けを求めたが「日本大としてできることはもうない」と対応を打ち切られたと訴えている。アメフット部の悪質反則問題を受けた大学側の文書を読んだ部員が問い合わせたが、大学の対応は変わらず、声明を出す決意をしたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報