東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

9人乗り防災ヘリ墜落 群馬の山中2人死亡 低空飛行目撃

群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が墜落した現場=10日午後3時3分、群馬県中之条町で、本社ヘリ「あさづる」から(嶋邦夫撮影)

写真

 十日午前十時すぎ、九人が乗った群馬県の防災ヘリコプター「はるな」(天海紀幸機長)が飛行中に消息を絶った。捜索していた航空自衛隊ヘリが午後二時四十五分ごろ、同県中之条町の山中に墜落しているのを発見した。県によると、搭乗者は防災航空隊員四人と吾妻広域消防本部の五人。空自は、機体の残骸の周辺で乗員とみられる八人を見つけた。うち二人が病院に運ばれ、県が死亡を確認した。未搬送の六人の容体は不明。残る一人は見つかっていない。 

 飛行計画では尾根伝いに往復して戻る予定で、現場近くでは爆音を響かせて低空飛行する様子が目撃されていた。

 国土交通省は航空事故に認定。運輸安全委員会は航空事故調査官三人を現地に派遣し、十一日から調査する。県によると、フライトレコーダー(飛行記録装置)は搭載しておらず、設置義務はなかったと説明している。現場周辺の捜索や搬送は十日夜までにいったん打ち切られた。群馬県警は業務上過失致死容疑を視野に捜査する。

 国交省などによると、ヘリは「山の日」の十一日に全面開通する群馬、長野、新潟の県境の稜線(りょうせん)を結ぶ登山道「ぐんま県境稜線トレイル」の状況を上空から確かめるため、地元消防の依頼で飛行していた。地上の目標物などで機体の位置を認識する「有視界飛行」だった。

 県によると、十日午前九時十五分ごろに前橋市内のヘリポートを離陸、同十時四十五分ごろに戻る予定だった。九時二十八分に「西吾妻福祉病院に到着した」と地元の消防本部に無線連絡があったのが最後の交信。その後尾根沿いを鳥居峠付近から北東に向かい、渋峠付近を通過後に旋回した後、衛星利用測位システム(GPS)を用いた位置情報が十時一分に途絶えた。

 「はるな」の機種はベル412EPで、定員は十五人。一九九七年五月に運用を開始し、総飛行時間は七千時間を超えている。昨年度は山岳救助や患者搬送などで四百三回飛行した。エンジン内の空気が逆流し、衝撃音がして出力が下がる不具合のため、今年四〜六月に修理を実施。機体は二〇二〇年度に更新予定だった。

 運航は東邦航空に委託。防災航空隊員のうち天海機長と整備士の二人は同社社員だった。同社運航の別のヘリが昨年十一月、同県上野村で墜落。事故前の機体修理に問題があり、国交省は今年二月、事業改善命令を出していた。

 前橋地方気象台によると、機体の発見現場に近い同県草津町の十日午前十一時ごろの天候は曇りで、弱い風が吹いていた。

<ベル412EP> 米ベル・ヘリコプター・テキストロン社が製造し、国内では海上保安庁や警察庁、自治体の防災ヘリコプターなど、広く使われている。全長約17・1メートル、高さ約4・6メートルで、主回転翼(メインローター)の直径は約14・0メートル。巡航速度は時速243キロ。昨年3月、長野県の山中に墜落し、9人が死亡した長野県の防災ヘリもこの機種だった。群馬県のホームページによると、定員は15人。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報