東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

口永良部島 噴火の恐れ 警戒レベル4、高齢者らに避難指示

写真

 気象庁は十五日、鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)で、火山性地震が増加し、大きな噴石や火砕流への警戒が必要だとして、噴火警戒レベルを火口周辺規制の2から避難準備の4に引き上げた。新岳火口から約三キロで厳重な警戒を呼び掛けている。

 屋久島町は十五日、約三キロの範囲の高齢者らに、ただちに避難するよう指示した。一般住民には避難準備を呼び掛けた。鹿児島県は三反園訓(みたぞのさとし)知事をトップとする災害対策本部を立ち上げ、政府は首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。

 口永良部島では二〇一五年五月に大規模噴火が発生し、警戒レベルが最高の5(避難)に引き上げられ、長期間にわたり住民全員が島を離れた生活を強いられた。気象庁は、一五年の噴火と比べ、今回の火山活動は、活発化していくペースが早い可能性があるとの見解を明らかにした。

 気象庁は一六年六月レベルを入山規制の3に、今年四月には2に下げていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報