東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ひったくり犯と服装酷似 大阪、逃走容疑者の関与捜査

 大阪府警富田林署から勾留中の無職樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、逃走翌日の十三日夜に大阪府羽曳野市内でひったくり事件を起こした男の服装が、樋田容疑者の逃走時のものと酷似していることが十六日、捜査関係者への取材で分かった。樋田容疑者が同じようなひったくり事件を起こしたとして立件された経緯から、府警は樋田容疑者が関与した疑いがあるとみて調べる。

 府警によると、十三日午後九時ごろ、羽曳野市内の路上で、自転車の二十代女性が黒いミニバイクの男に、前かご内の現金数千円と携帯電話が入ったバッグを盗まれる事件が発生。黒っぽいTシャツのような服を着た男が目撃されていた。府警は樋田容疑者が逃走時に着用していた黒の長袖ジャージーとみて重点的に捜査している。

 捜査関係者によると、現金が抜き取られたバッグが大阪市西淀川区内で、携帯電話が富田林市内でいずれも十五日に見つかった。府警は指紋が付いていないか調べている。黒いミニバイクによるひったくり事件が、大阪市南部で十五日夜までに三件発生していたことも判明した。

 樋田容疑者は今年五月に三件のひったくり事件を起こしたとして窃盗罪で起訴された。いずれも被害者は自転車に乗った十〜二十代女性で、取られたのはいずれも前かごに入っていたかばん。ミニバイクで追い抜きざまに奪われたのも同様だった。

 十二日の逃走前後、樋田容疑者の住民登録がある大阪府松原市で黒いミニバイクが盗まれる被害があり、府警が関連を調べている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報