東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

警察の2歳児捜索、山中後回し 「子どもは上る」男性が30分で発見

藤本理稀ちゃんが行方不明となった現場周辺を調べる警察官ら=13日、山口県周防大島町で

写真

 山口県周防大島町で十五日、行方不明から三日ぶりに保護された藤本理稀(よしき)ちゃん(2つ)の捜索に、県警や消防は延べ約三百八十人を動員した。小型無人機ドローンも投入したが手掛かりはつかめず、後回しになっていた山中でボランティアの尾畠春夫さん(78)が発見。県警内部からは「もっと早く範囲を広げるべきだった」との声も上がる。

 理稀ちゃんは十二日午前、帰省先の曽祖父宅から海水浴に行くため祖父、兄と出発した。約百メートル歩いたところで引き返し、行方が分からなくなった。捜索隊員は近くのため池に転落した可能性があるとして、潜るなどして捜索。十三日は発見場所となった沢がある山の手前周辺にも入り、人の体温の反応を捉えるサーモグラフィーを搭載したドローンも飛ばした。

 水田や道路など目に見える範囲は一通り捜索したとして、十四日には沢の周辺にも範囲を拡大。地元住民も知らないようなため池が点在しており、ドローンで場所を確認した上で地上から歩いて捜した。

 捜索を見守っていた住民からは「横一列に並び、ローラー作戦で捜した上で『ここには絶対にいない』と断定し、山の方に入るべきだ」との指摘も出ていた。

捜索に投入されたドローン

写真

 尾畠さんは「小さい子どもは下るのではなく、上る習性がある」と判断し、捜索開始からわずか三十分で発見。現場には曽祖父宅前からつながる道を進めば着くが、斜面からの落石や落ち葉で足元は悪かった。

 現場を知る住民は「地元の人も入らない場所。先入観のない人だからこそ見つけることができたのだろう」と話した。

 県警柳井署の道下斉亮副署長は、「二歳になったばかりの体力を考えると、山を登るよりは行方不明になった現場周辺や危険箇所に重点を置き、徹底して捜索した」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報