東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

猛暑の街に情熱のダンス 浅草サンバカーニバル

パレードを行う「フロール・ヂ・マツド・セレージャ」の参加者たち=25日、東京都台東区で

写真

 東京・浅草の夏を盛り上げる「浅草サンバカーニバル」が二十五日、東京都台東区の浅草寺周辺であり、華麗な衣装をまとったダンサーらが軽やかなステップを披露し、街中は熱気に包まれた。

 今年で三十七回目を迎え、毎年五十万人が見物に訪れる。ダンスの出来栄えなどを競うパレードコンテストには、首都圏を中心とした十八チームが出場。それぞれが「百鬼夜行」「誕生」などのテーマを掲げ、八百メートルのコースを四十分かけて情熱的に練り歩いた。コンテストのS1(一部)リーグでは、地元の「仲見世バルバロス」が三連覇を達成した。

 蒸し暑い中、沿道には外国人観光客を含む多くの人が集まり、体でリズムを取りながら盛んにカメラを向けていた。最前列で観戦していた千葉県松戸市の松下成子さん(75)は「一度来て見たかった。にぎやかで、元気をもらえた」と声を弾ませた。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報