東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

冷房故障 患者4人死亡 岐阜の病院、熱中症疑い

写真

 岐阜市一番町の「Y&M藤掛第一病院」で二十六日夜から二十七日午前にかけ、高齢の入院患者四人が相次いで死亡していたことが、岐阜県警などへの取材で分かった。当時、病院のエアコンが故障していたという。県警は患者らが熱中症になった可能性もあるとみて、業務上過失致死の疑いを視野に捜査する。

 県警は二十八日、容疑者不詳の殺人容疑で病院を家宅捜索した。現時点で、殺人を疑わせる具体的な情報はないが、あらゆる可能性を排除せずに捜査するため、殺人容疑で捜索令状を取ったとみられる。

 岐阜市保健所も二十八日、医療法に基づき同病院に立ち入り検査をした。

 病院は五階建て。県警によると、四人は八十三〜八十五歳の男女各二人で、それぞれ三階と四階の病室に入院していた。二十六日午後八時四十分から、二十七日午前十一時四十分ごろにかけ、相次いで死亡した。

 関係者によると、三階で一人、四階で三人が死亡した。四階の三人はそれぞれ別の部屋に入院していた。

 県警には二十七日午後八時半、関係者から「病院で四人が亡くなった。熱中症の疑いがある」と通報があった。四人にはいずれも目立った外傷はなかった。県警は司法解剖を検討して、死因の特定を進める。

 藤掛陽生院長によると、三〜四階のエアコンは二十日に故障した。業者に修理を依頼したが、現在も直っていないという。この間、扇風機を計九台設置したほか、一部の患者はエアコンが作動している病室に移動させたりした。

 死亡した四人はエアコンが故障したままの病室にいたという。中には、重い肺疾患の患者もいた。

 市によると、三、四階の空調は一括制御。両階の病室は全てエアコンが効かない状態だったという。

 ホームページなどによると、この病院は老人医療が専門で百十九床。診療科は内科。市中心部の東柳ケ瀬の近くにある。

 岐阜市の二十六日の最高気温は三六・二度。深夜から翌日未明にかけても三〇度近い状態が続いた。

 藤掛院長ら病院側は「警察に協力して調べていただいている。病院としては何か問題があったとは考えておりません」と説明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報