東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「逃走容疑者に似た男」通報でパト追跡 バイクの高校生が大阪で衝突、死亡

 三十日午後九時二十五分ごろ、大阪市西区安治川一の路上で、大阪府警港署のパトカーに追跡されていたバイクがバス停の支柱に衝突、大阪府内の男子高校生(17)が頭などを強く打って死亡した。富田林署から逃走した無職樋田(ひだ)淳也容疑者(30)に似た男を見たとの通報を受け、追跡していた。

 港署によると、三十日午後八時二十五分ごろ、樋田容疑者と目鼻立ちが似た男が黒っぽいバイクに乗っているのを見たと、通行人の男性から署に通報があった。約一時間後、港署員が大阪市港区弁天六の路上で、通報内容と似た色のバイクを発見して停止を求めると、Uターンして逃走した。そのため署員は「樋田容疑者ではないか」と思い、追跡を始めた。

 バイクは一方通行の逆走や信号無視をしながら逃走を続け、バス停の支柱に衝突し、転倒した。男子高校生は無免許で、バイクは盗難車だった。

 港署の新谷欣尚(よしひさ)副署長は「追跡は適正だった。亡くなったことは残念」とのコメントを出した。

 樋田容疑者は十二日午後八時ごろ、富田林署の接見室の隔離用アクリル板を蹴破り逃走したとみられる。

 翌十三日午前零時ごろまでに、樋田容疑者の実家のある松原市で黒いミニバイクが盗まれる被害が発生。大阪市内や羽曳野市で、黒いミニバイクによるひったくりが相次いだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報