東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

戦争体験「本が生きる勇気」 角野さん アンデルセン賞授賞式

8月31日、アテネでの国際アンデルセン賞の授賞式で、賞状を掲げる角野栄子さん=共同

写真

 【アテネ=共同】「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞を主催する国際児童図書評議会(IBBY)は八月三十一日、アテネで授賞式を行い、今年の作家賞に選ばれた角野栄子(かどのえいこ)さん(83)にメダルと賞状を授与した。角野さんはスピーチで戦争体験を振り返り「過酷な時期に、本に生きる勇気を与えられた」とあいさつした。

 「魔女の宅急便」で知られる角野さんは、IBBYが第二次大戦後に世界平和を願って創設されたことに敬意を表するとした上で、「戦争のまっただ中、日本の十歳の女の子」だった自分にとって同賞は「特別な意味を持つ」と述べた。

 五歳で母を亡くしたという角野さんは、父に昔話の桃太郎を楽しく読み聞かせてもらった思い出を語り、「あの戦争の中で、物語にとてもとても慰められた」「厳しい時代を生きていく力をもらった」と強調した。現在も紛争や災害が絶えない世界情勢を踏まえ「今は難しい時代だ」とも指摘、「物語には(子供に喜びや安らぎを与える)大きな力があると信じ、これからも書き続ける」と締めくくった。

 日本人の作家賞受賞はまど・みちおさん、上橋菜穂子(うえはしなほこ)さんに次ぎ三人目。選考委は角野作品を「人を引きつける力や楽しさがある。そして、いつも人生に肯定的だ」と称賛した。国際アンデルセン賞は作家賞が一九五六年から、画家賞が六六年から、二年に一度贈られている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報