東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

点滴中毒死 鑑定留置 久保木容疑者3カ月間

 横浜市神奈川区の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で二〇一六年九月に起きた点滴連続中毒死事件で、横浜地検は三日、入院患者三人への殺人容疑で逮捕、送検された同病院の元看護師、久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)の鑑定留置を開始した。期間は十二月三日までの三カ月間。

 捜査関係者によると、看護師が患者を次々と殺害したとされる事件の特異性や、物証が乏しい中で供述の信用性が捜査の鍵となることから、当時の精神状態について調べる必要があると判断した。刑事責任能力の有無や程度を確認し、起訴の可否を判断するとみられる。

 神奈川県警はこれまで、点滴に消毒液を混入させて殺害したとして、一六年九月十八日に死亡した西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)、同二十日死亡の八巻(やまき)信雄さん=当時(88)、同十六日死亡の興津(おきつ)朝江さん=当時(78)=への殺人容疑で計三回逮捕している。

 調べに対し、西川さん、八巻さんの殺害について「亡くなった際の遺族への説明が苦手で、自分の勤務外に死んでほしかった」と供述しているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報