東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

非常に強い台風21号、徳島上陸 広範囲に大雨と暴風

台風21号の影響で高知県安芸市の漁港に打ち寄せる高波=4日午前10時59分

写真

 台風21号は四日正午ごろ、徳島県南部に上陸した。同日夕には日本海に抜けて北上する見通し。「非常に強い台風」の日本上陸は一九九三年の台風13号以来、二十五年ぶり。北日本から西日本の広い範囲で猛烈な雨や風となる見通しで、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、高知県田野町では四日午前、一時間に九二・〇ミリの猛烈な雨を観測。同県の室戸岬では五五・三メートルの瞬間風速を観測した。今後、台風は能登半島付近を進み、東北の日本海側沿岸を北上。五日朝には北海道沖に進み、温帯低気圧に変わるとみられる。偏西風の影響で速度が上昇しており、気象庁の予測では四日夜には時速七〇キロに達する可能性がある。近づくと急速に雨や風が強まる恐れがある。

 五日正午までの二十四時間予想雨量は東海五〇〇ミリ、近畿と関東甲信四〇〇ミリ、北陸二五〇ミリ、北海道一八〇ミリ、四国と東北一五〇ミリ、中国一〇〇ミリ。

 五日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国と近畿が四五メートル(六〇メートル)、東海が三五メートル(五〇メートル)、中国と北陸、東北が三〇メートル(四五メートル)、北海道が二八メートル(四〇メートル)、九州南部が二三メートル(三五メートル)、関東と伊豆諸島が二二メートル(三五メートル)、甲信が二〇メートル(三五メートル)。

 海上も大しけとなり、波の高さは四国と近畿が一二メートル、東海が一一メートル、伊豆諸島が八メートル、九州南部と九州北部、北陸、関東、東北、北海道が六メートル、中国が四メートル。大阪湾沿岸は過去最高潮位に匹敵する記録的な高潮となる恐れがある。

 台風は四日正午現在、徳島県阿南市付近を時速五五キロで北北東に進んだ。中心気圧は九五〇ヘクトパスカルで、最大風速は四五メートル、最大瞬間風速は六〇メートル。中心の南東側一九〇キロ以内と北西側九〇キロ以内が風速二五メートル以上の暴風域。

写真

◆新幹線、本数減や運休

 非常に強い勢力の台風21号の接近に伴い、国内の航空各社は四日、近畿や東海、四国の各空港を発着する便を中心に、国内線と国際線の計七百三十便以上を欠航するとしている。搭乗便の変更などで混乱も予想され、最新の運航状況をホームページで確認するよう呼び掛けている。

 欠航の内訳は、全日空が大阪発着便を中心に二百八十九便、日航も同様に二百十八便。スカイマークが神戸発着など五十四便、フジドリームエアラインズが静岡発着など五十二便、アイベックスエアラインズが大阪発着など三十六便の欠航を決めた。

 東海道新幹線や山陽新幹線は四日、東京−新大阪間や新大阪−博多間で、のぞみの本数を減らして運行。新大阪−広島間では午前十時から運転を見合わせた。在来線の一部も運休した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報