東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

関空の橋 タンカー衝突 台風21号、死者7人

写真

 台風21号は四日午後に徳島県南部に上陸した後、神戸市付近に再上陸し、日本海へ抜けた。関西地方を中心に被害が相次ぎ、七人が死亡、約二百人のけが人が出た。開港以来で最大の瞬間風速を記録した関西空港では、強風で流された大阪湾のタンカーが連絡橋に衝突、橋の破損で通行不能となり、約五千人が取り残された。関西空港は高潮で滑走路が水没、広範囲が浸水し閉鎖された。最大風速四四メートル以上の「非常に強い台風」の日本上陸は一九九三年の台風13号以来、二十五年ぶり。

 関西エアポートによると関西空港は滑走路と駐機場が最大で約五十センチ浸水。第一ターミナルビルの地下部分にも水が入り込んだ。滑走路は正午から閉鎖、空港全体も午後三時に閉鎖された。商業施設でガラスが破損し、一人が腕に軽傷。五日もターミナルビルが使えない状況が続く見通し。

 第五管区海上保安本部(神戸)や国土交通省によると、四日午後一時半ごろ、日之出海運(福岡市)のタンカー宝運丸(二、五九一トン)が風に流され、連絡橋に衝突。タンカーは航空機用のジェット燃料を関空に運んだ後、台風に備えエンジンを止めた状態で停泊していた。取り残された乗組員十一人は全員救助された。

 連絡橋は二階建て構造の二階部分に当たる自動車用道路の路面が盛り上がり、通行できない状態。同省などが一階の鉄道への影響を調べる。JR西日本は当面、関西空港線の運転見合わせを決めた。運輸安全委員会は船舶事故に当たるとして船舶事故調査官三人を指名し、調査することを決めた。

 各地の警察などによると滋賀県東近江市で金属加工会社の倉庫が倒壊し、下敷きになった七十代男性社員一人が死亡。大阪府豊中市と堺市では強風で住宅から転落したとみられる九十代と七十代の男性二人が死亡し、大阪市ではマンションの一室で飛来物に当たったとみられる女性(77)や、路上で飛んできたクーラーボックスが頭に当たった四十代とみられる男性ら三人の死亡が確認された。三重県四日市市では七十代男性が屋根から転落し死亡した。

 気象庁によると、四日午後に大阪府田尻町(関空島)で五八・一メートル、同府熊取町で五一・二メートルなど府内八地点で観測史上最大の瞬間風速を記録。大阪港では三・二九メートルの最高潮位(瞬間値)を観測した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報