東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

妊産婦死亡 1位は自殺 産後うつ ケアを

 二〇一五〜一六年に百二人の女性が妊娠中から産後にかけて自殺しており、妊産婦死亡の原因の中で最も多いとの調査結果を国立成育医療研究センターなどのチームが五日、発表した。うち九十二人が出産後の自殺で、三十五歳以上や初産の女性の割合が高かった。

 妊産婦死亡の全国的な調査は初めて。子育てへの不安やストレスによって起きる産後うつが原因の一つと考えられ、チームは「身体だけでなく心の問題も気軽に周囲の医師や保健所などの行政機関に相談してほしい」と呼び掛けている。

 調査は一五〜一六年の妊娠中から産後一年未満の女性について、人口動態調査票のデータを分析。死亡した三百五十七人のうち、百二人が自殺。このほかは、がんや心臓、脳神経の病気や出血による死亡が多かった。

 産後の自殺者九十二人について調べたところ、約半数が三十五歳以上で、65%が初産だった。無職の世帯の女性も多かった。自殺の時期は、産後一年を通して起きていた。

 海外と比べると、妊産婦の死亡者数は少ないが、自殺の占める割合が高いという。

 同センターの森臨太郎医師は「把握できているのは一部でもっと多い可能性もある。産後うつや他の精神疾患がある人、不安を抱える妊産婦を地域的に支えることが必要だ」と話している。

<産後うつ> 出産後数週間〜数カ月に10%ほどの女性が経験するうつ病で、子育てへの不安や自信喪失、疲労感や食欲不振といった症状が続く。原因は分かっていないが、家族関係などのストレス、妊娠・出産に伴う体の変化が影響すると考えられている。周囲に気持ちを話すこと、休養、外出などが予防につながる。発症した場合は専門医にかかり、抗うつ剤や心理療法で対処する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報