東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

京葉線で煙、運転見合わせ TDR客ら12万人影響

何らかの原因でショートが起き、絶縁体が燃えた線路=JR東日本千葉支社提供

写真

 九日午後三時半ごろ、東京都江戸川区臨海町六のJR京葉線新木場−葛西臨海公園間の下り線の鉄橋上で、線路付近から煙が出ているのを乗務員が見つけた。いったん消火したが、その後に火花が確認されたため、東京−南船橋間、西船橋−市川塩浜間の上下線で終日、運転を見合わせた。

 JR東日本千葉支社によると、十日の始発からは通常通り運行しているが、日曜日に沿線にある東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)などを訪れた人たちがJR京葉線舞浜駅で足止めされるなどし、約十二万四千人に影響があった。

 同社は上り線に問題はなかったことから、九日深夜から十日未明、舞浜駅や新木場駅などから東京駅に向かう電車四本を臨時で運行し、利用客らを輸送するなど対応。東京駅では停車中の新幹線を開放し、約百八十人が車内で一夜を過ごした。

 同社によると、線路に流れる電流が鉄橋に伝わらないように遮るための絶縁体が燃えていた。何らかの原因でショートが起こり、線路の下の絶縁体に引火したとみられる。消火後の復旧作業のため、線路上を流れる電気を停止しようとしたが、止めることができず、断続的に火花が出たという。けが人はいなかった。

京葉線が運転見合わせとなり、ディズニー帰りの人たちで混雑するJR舞浜駅前=9日午後11時3分、千葉県浦安市で

写真

◆「早く帰りたい」舞浜駅に長い列

 東京ディズニーリゾート(TDR)の最寄りのJR京葉線舞浜駅では九日夜、TDR帰りのグループや家族連れが駅前の路線バスやタクシー乗り場に長い列をつくった。

 東京メトロ浦安駅行きのバスを待っていた高松市の主婦上井美和子さん(48)は「そのうち電車が動くと思ってレストランで食事をしていたけれど動かないまま。午後九時ごろから二時間近く並んでいる。習志野市のホテルに戻りたいのに終電に間に合うか不安」と疲れた様子。タクシー乗り場に並んで三時間以上という東京都江東区の男性会社員(25)は「明日は仕事だから早く帰りたい」とこぼしていた。

 列に並ぶのをあきらめ、家族に車での迎えを頼む人や、徒歩で宿泊先や別の駅を目指す人も目立った。神奈川県小田原市の看護師渡辺みどりさん(53)は「終電に間に合わないので長男に車で迎えに来てもらう」。舞浜駅近くを歩いていた長野市の女性会社員(26)は「途中でタクシーに乗れるといいんだけれど、潮見(江東区)のホテルまで一時間半ぐらい歩くことになるかも」と困惑していた。 (服部展和、西川正志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報