東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

北海道地震 節電本格化 照明、電車 間引き

 最大震度7を観測した北海道の地震で、道は十日、死者が四十人になり、安否不明者はいなくなったと発表した。三十六人の死亡が確認された厚真(あつま)町は、不明者の捜索を終了したと明らかにした。道内では電力の供給不足を補うため、節電の取り組みが本格化。北海道電力は、地震前の需要ピーク時に電力供給力が追いついていないとして、計画停電も検討している。官公庁や公共交通機関は、照明の減灯や運行本数の削減などを始めた。

 道などによると、九日に安否不明だった二人が厚真町で見つかり、それまでに心肺停止で発見されていた二人と合わせ、四人の死亡が確認された。十日午前二時すぎにも同町の土砂崩れ現場で最後まで安否が分からなかった男性(77)が心肺停止の状態で見つかり、その後死亡が確認された。

 死者は厚真町で多数出たほか札幌市、苫小牧市、むかわ町、新ひだか町で各一人。同日午前十時現在で避難者は約二千七百人、断水は約八千戸。

 高橋はるみ知事は九日の記者会見で、平常より二割の電力削減が必要と強調したが、十日午前十一時台の電力需要は地震前に比べ13・7%減(北電調べ)にとどまった。北海道と経済産業省は十日、札幌市内で地元の経済団体などとつくる連絡会を開き、効果的な節電方法を協議。出席した北海道電力の真弓明彦社長は「計画停電は何としても回避したい」とさらなる節電への協力を求めた。

 道や札幌市は所有する施設で冷暖房やエレベーターなどの使用を抑制した。JR北海道は札幌と旭川、室蘭を結ぶ特急の一部を運休。札幌市営の地下鉄や路面電車も日中に運行本数を減らした。六日の地震で北電の苫東厚真火力発電所(厚真町)が停止し、電力需給バランスが崩れ、道内全域の約二百九十五万戸が一時停電した。菅義偉官房長官は十日の記者会見で、北海道の地震による死者数が「四十四人」になったと発表した。心肺停止と安否不明者の数は「ゼロ」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報