東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

和歌山「近大マグロ」250匹死ぬ 350匹流失、被害1億円

台風21号の影響で被災した「近大マグロ」のいけす=5日、和歌山県串本町で(近畿大提供)

写真

 近畿大は十日、台風21号の影響で和歌山県串本町の施設が被災し、養殖していた「近大マグロ」約二百五十匹が死に、約三百五十匹がいけすから流失したと発表した。被害総額は約一億円という。

 台風が接近した四日、沖合にある直径約三十メートルのいけすが波でゆがんだことが原因で、窒息したり、傷ついたりしたとみられる。元の位置に固定するロープも切れ、いけす自体も約百メートル流された。重さ約三十キロの出荷サイズに成長したクロマグロ約六百匹を養殖していた。

 近大は、二〇〇二年に世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功、〇四年に出荷を始めた。

 他の施設でも養殖しており、近大マグロを提供する専門飲食店の運営に影響はないとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報