東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

風疹、昨年4倍近くに 首都圏中心拡大

 国立感染症研究所は十一日、今年の風疹の患者数が二日までの集計で三百六十二人になったと発表した。既に昨年一年間の四倍近くに達し、依然として東京都や千葉県など首都圏での感染が目立っている。

 二日までの一週間の報告数は七十五人。内訳は東京都が二十八人、千葉県が十一人、神奈川県が八人、愛知県が七人、茨城県と埼玉県が五人などだった。前週の報告数の九十七人から減少したが、引き続き高い水準だ。

 風疹はくしゃみやせきで感染する。妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんが難聴や心臓病、白内障になるリスクがあり、妊婦や家族は特に注意が必要だ。潜伏期間は二〜三週間。感染力が強く、予防にはワクチン接種が有効だが、妊婦は胎児への影響の恐れがあるため接種できない。

 二〇一三年には国内で感染者が一万人を超える大流行が起きた。その後、減少傾向だったが、今年七月以降、首都圏を中心に流行し、感染が拡大している。患者は大半が成人で、特に三十代以上の男性が多い。

 同研究所は「このまま大流行になれば、東京五輪・パラリンピックの運営にも影響する」としている。国の制度変更でワクチンの定期接種の対象から外れるなどした三十〜五十代の男性を中心に、接種を徹底するよう呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報