東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

クボタ、部品検査で不正 鋼板生産設備、85社に出荷

 クボタは十二日、鉄鋼メーカー向けに出荷している鋼板などの生産設備の部品で検査の品質データを改ざんする不正があったと発表した。部品の硬さや合金の配合比率などで顧客と取り決めた品質基準を満たしていない製品で、検査成績書に実際とは異なる虚偽のデータを記載するなどしていた。この部品の納入先九十九社のうち八十五社に不正のあった部品を出荷したことが確認されているという。

 木股昌俊社長は大阪市で記者会見し「取引先、関係者の皆さまに多大なるご心配、ご迷惑をお掛けし、心よりおわび申し上げます」と陳謝した。経営責任については「再発防止の陣頭指揮に当たることが経営トップとしての責務だ」と述べた。

 問題があったのは、製鉄所などで金属の塊に圧力を加えて薄く平らな鋼板などに加工する工程で使われる「圧延用ロール」と呼ばれる部品。クボタの阪神工場尼崎事業所で生産され、二〇一七年度の売上高は約四十四億円となっている。

 これまでの調査では一三年十月〜一八年七月に出荷した約二万一千本のうち、硬さの書き換えが三千五百十二本、配合比率の書き換えが百二十一本あった。実際の製品とは別の製品の顕微鏡写真を検査成績書に添付した例も七百六十五本あった。一三年九月以前の製品も今後調査する。

 硬度が基準より低いとロールの摩耗が早くなり、高いと亀裂が発生する可能性があるが、現時点では不正によって鉄鋼製品や生産設備に影響が出た事例は確認されていないという。納入先の企業の具体名は明らかにしていない。七月二十五日に内部通報で発覚した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報