東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

モネ展 来場20万人突破

逢坂恵理子館長(左)から記念品を受け取った辻本佐知子さん(中)と高橋美詠子さん=14日、横浜市西区の横浜美術館で

写真

 印象派を代表するフランスの画家クロード・モネ(1840〜1926年)らの作品を集め、横浜市西区の横浜美術館で開かれている「モネ それからの100年」展(東京新聞など主催)の来場者が14日、20万人を突破した。

 これを記念し、同日午後に来館した奈良県香芝市の会社員辻本佐知子さん(46)と友人の横浜市南区のパート職員高橋美詠子さん(51)に同美術館の逢坂恵理子館長からオリジナルグッズなどが贈られた。

 大のモネ好きという辻本さんは「似たような作品でも雰囲気が少し違ったり、新しい発見があったりする。それを見つけるのが面白い」と話した。

 同展は24日まで。観覧料は一般1600円、大学・高校生1200円、中学生600円、小学生以下無料。木曜休館。問い合わせはハローダイヤル=電03(5777)8600=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報