東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

がん患者最多86万7000人 大腸、胃を抜き1位

写真

 国立がん研究センターは十四日、二〇一四年に新たにがんと診断された人は八十六万七千人で、過去最多を更新したと発表した。高齢化に伴って増加は続くとみており、一八年は百一万四千人になると予測している。部位別で最も多かったのは大腸がんの十三万四千人で、一三年に一位だった胃がんを抜いた。戦後の衛生状態の改善によって胃がんの原因となるピロリ菌の感染者が減ったためとみられる。

 大腸がんは、食の欧米化が要因の一つとされ、増加傾向にある。がん対策情報センターの若尾文彦センター長は「大腸がんは検診で死亡率を減らせることが分かっている。国が推奨している検診を受けてほしい」と呼び掛けた。

 研究センターは都道府県が集める「地域がん登録」のデータを分析。がん患者の内訳は男性が約五十万二千人、女性は約三十六万六千人だった。

 部位別では、男性は胃が最も多く八万七千人、次いで肺、大腸、前立腺、肝臓。女性は乳房が最多で七万六千人、大腸、胃、肺、子宮が続いた。

 地域別では、長野県は患者数に対して死亡が少ないという特徴があった。逆に北海道や青森県、秋田県では、がんによる死亡が多い傾向があった。担当者は「喫煙や食塩の取り過ぎなどの生活習慣が原因の可能性がある」としている。

 一生のうちにがんになる確率は男性62%、女性47%。がんで死亡するのは男性の四人に一人、女性の六人に一人と推計した。

 地域がん登録は一九七五年に全国規模の統計を開始。当初は地域ごとにばらつきがあったが、次第に精度が高まり、今回初めて推計値ではなく実測値で公表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報