東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

樹木希林さん死去 がん、さらり公表 演技、生き方自然体

5月、映画「万引き家族」で是枝監督(中央)らとカンヌ国際映画祭に出席した樹木希林さん(右から3人目)=(c)2018フジテレビジョンギャガAOIPro.

写真

 十五日に七十五歳で死去した個性派俳優の樹木希林さんは、若い頃からとぼけたおばあさん役などを演じて、広く親しまれた。近年は映画などで自然体の味わい深い演技を披露し、多くのファンを魅了した。 

<評伝> 役者人生は行きがかり上だったという。大学受験前にスキー場で骨折したため進学を断念し、文学座研究生の道に進んだ。コメディーからシリアスな作品まで何でもこなす個性と技量は、二十代から発揮された。

 森繁久弥さんの主演ドラマ「七人の孫」で、東北弁を話すお手伝いさんを演じて頭角を現し、「寺内貫太郎一家」でお茶の間の人気者に。出番やせりふが多くない脇役を演じることに「『ちょい演』ほど難しい役はない。おざなりに演じているわけではない」と気概を見せていた。

 ドラマの劇中で、郷ひろみさんと「フニフニ〜」と歌い、ユーモラスなダンスを披露したデュエット曲「林檎(りんご)殺人事件」が大ヒット。フィルム会社のCMで「美しい人はより美しく。そうでない人はそれなりに」のせりふが話題となるなど、コミカルな演技が光った。

 私生活では一九七三年にロック歌手の内田裕也さんと結婚したが別居を続けた。法廷で「離婚しない」と争ったこともあった。

 二〇〇三年には網膜剥離で左目が失明状態となり、翌年には乳がんが見つかった。その後、腸や脊椎などに転移し治療を続けた。一三年の日本アカデミー賞の表彰式で「全身ががんなので」とさらりと公表した。

 特に晩年は、病を受け入れ、共に生きるような人生観、死生観が演技ににじんだ。主演映画「あん」(一五年)では、ハンセン病を患った女性を演じるため、一人で療養所を訪れ、入所者に話を聞いた。制作会見では「遺作になるのを望まれているみたいなので、次のことを言い出せない。ほんと、死ぬ死ぬって、詐欺みたいなもの」と、力の抜けたとぼけた口調で話し、会場を笑いで包んだ。

 今年のカンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」では、犯罪で結ばれる家族の祖母役を演じた。カンヌに赴き、是枝裕和監督やほかの出演者たちとレッドカーペットに登場し、元気な姿を見せていた。十月公開予定の映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」では、重要な役どころの茶道の師匠を独特の雰囲気を醸し出して演じている。

 仕事はすべて自分で決め、スケジュールも管理。物欲がなく、家にある物を使って日用品や衣類にするなど、自然体で過ごしたという。生前「人間って存在そのものがこっけいで、それでいてかわいくて、悲しいもの」と語っていた。そんな生き方だった。 (藤浪繁雄、猪飼なつみ)

写真

◆役者全う神々しく

<映画監督の是枝裕和さんの話> 僕がご一緒したのは、彼女の長いキャリアの中で最後の十年ちょっとにすぎませんが、監督と役者という関係を超えて、とても濃密な、楽しい時間を共有させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

 今年の三月にがんの骨への転移を知らされたのですが、言葉を失う僕たちスタッフを逆に気遣いながら本人はすぐに終活に入られたようでした。映画祭や公開初日の舞台あいさつでは、ご自身の中に残ったエネルギーと冷静に向き合い、コントロールされながら、それでも役者の仕事を全うされようとしているその姿勢に頭が下がりました。

 身体が弱ってからもどこかその、初めての体験を面白がっているようなところがあり、すごみと軽やかさの同居した姿は神々しくさえありました。

 最期の瞬間まで、本当に見事な、いかにも希林さんらしい人生の締めくくり方をされたと思います。もう、杉村春子さんや、森繁久弥さんや、久世光彦さんの、物まねを交えた楽しいお話を伺えないのは本当に寂しいですが、心よりご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。

◆さみしい限りです

<ドラマ「寺内貫太郎一家」で共演した作曲家小林亜星さんの話> 長い間、体調を悪くされておられたそうで、心配しておりましたが、このような結果となり、大変残念な思いです。「寺内貫太郎一家」のメンバーもほとんど亡くなられてさみしい限りです。心よりご冥福をお祈りいたします。

◆今は言葉が出ない

<「夢千代日記」などのドラマや映画で共演し、親交のあった俳優吉永小百合さんの話> 思い出があり過ぎて、今は言葉が出ません。ごめんなさい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報