東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「日本一周」偽装、写真撮影応じる 逃走の樋田容疑者 道の駅に置き手紙

山口県周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」で撮影に応じる樋田淳也容疑者=9月25日

写真

 大阪府警富田林署から逃走した無職樋田淳也容疑者(30)が逮捕された事件で、山口県周防大島町の道の駅に約一週間滞在していた樋田容疑者が、道の駅の支配人宛てに「必ず日本一周を達成します」などと置き手紙を残していたことが一日、関係者への取材で分かった。

 府警は支配人が撮影した記念写真に写った男を樋田容疑者と断定。容疑者と行動を共にしていた男(44)=占有離脱物横領容疑で逮捕=が、二人で愛媛県から広島県を経由して山口県に入ったと説明していることも捜査関係者への取材で判明した。府警は樋田容疑者が自転車旅行を偽装していたとみて、詳しい足取りを調べる。

 周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」の支配人岡崎竜一さん(54)によると、樋田容疑者は、九月十八日に自転車で訪問。出発する際には「櫻井潤弥」との名前で手書きで記した手紙二枚を残した。

◆容疑者の手紙要旨

 一週間以上もお世話になり本当によくしていただきありがとうございます。みなさまの優しさに居心地が良く、日本一周の旅が停滞してしまいました。最高の思い出ができました。

 私の自転車での日本一周は一カ月が過ぎ、まだまだ先の道のりは長いですが、多くの方から頂いた声援を忘れず必ず日本一周を達成します。

 達成後の仕事などのことは未定ですが、この旅でいろいろなことを学び今後の生活の糧にしたいと考えております。

 達成後は再訪させていただきますので、よろしくお願いします。気長にお待ちいただければ幸いです。もし可能であれば簡易的な宿泊施設があれば学生や社会人が増えるのではないでしょうか。

 周防大島はきれいな海があり、自然がありとてもいい人たちが多い島なのにもったいないと思いました。実現可能なのかは私のような凡人には分かりませんが、どうでしょうか。

 本当にありがとうございました。頂いた声援をパワーに日本各地を走り抜けます。

 『和歌山発クロスバイクで日本一周出会い旅』写真第1号 櫻井潤弥より

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報