東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

本庶氏ノーベル賞 医学生理学賞 がん免疫治療法、新薬オプジーボに

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まり、記者会見で笑顔を見せる本庶佑京都大特別教授=1日夜、京都市で

写真

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は一日、二〇一八年のノーベル医学生理学賞を、がんの新しい治療法を切り開いた本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)と、米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)に贈ると発表した。授賞理由は「免疫の働きの低下を防ぐがん治療法の発見」。治療の可能性を大きく広げたことが評価された。医学生理学賞は一昨年の大隅良典・東京工業大栄誉教授に続き日本人で五人目。日本人のノーベル賞受賞者は二十六人となった(受賞時米国籍の二人を含む)。

 二人はいずれも、がん細胞が人間の免疫の攻撃から逃れる仕組みを発見した。その仕組みを抑える薬が、二人の研究成果をもとに開発され、これまで治らなかったがんが、免疫の力で治るようになった。

 アリソンさんは一九九五年、免疫の主役の一つで白血球の一種であるT細胞の活動を抑える「CTLA−4」というタンパク質が、T細胞の表面についていることを発見。本庶さんは九八年、別の「PD−1」というタンパク質がT細胞を止めることを発見した。二つはいわば免疫にブレーキをかけるスイッチだ。がん細胞はこのスイッチを押してT細胞の攻撃を免れていた。

 「スイッチを押せなくすれば、ブレーキがかからずT細胞はがん細胞を攻撃し続けるはず」と考えた本庶さんは、小野薬品工業(大阪市)などと協力し、PD−1のスイッチにふたをして押せなくしてしまう新薬オプジーボを開発。二〇一四年に世界に先駆けて日本で承認された。二人の研究を出発点にした薬は、世界の製薬会社がこぞって開発に力を入れ、がん治療に幅広く使われ始めている。

写真

 本庶さんは京都市生まれ。京都大医学部を卒業。東京大助手などを経て、三十代で大阪大教授に。一九八四年、京都大教授。早くから注目され、別の免疫研究でもノーベル賞級といわれる成果を挙げていた。二〇一二〜一七年に静岡県公立大学法人理事長を務めた。

 授賞式は十二月十日にストックホルムで開かれる。賞金は九百万スウェーデンクローナ(約一億一千五百万円)を二人で等分する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報