東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

本庶さん「こういう人生、二度やりたい」 ノーベル賞吉報 一夜明け会見

ノーベル賞決定から一夜明け、花束を受け取る本庶佑京都大特別教授(奥)と妻の滋子さん(左)=2日午前、京都市左京区で(伊藤遼撮影)

写真

 ノーベル医学生理学賞に選ばれた本庶佑(ほんじょたすく)京都大特別教授(76)が、受賞決定から一夜明けた二日、妻の滋子(しげこ)さん(75)と京大(京都市左京区)で記者会見し「基礎研究が応用につながることは決してまれではないと実証できた。サイエンスは未来への投資だ」と強調した。

 また本庶さんは「落ち着いていろいろ考えると、幸運な人生を歩いてきたと思う。こういう人生を二度やりたいと思うくらい充実していた」と晴れ晴れとした表情で語った。

 滋子さんは「主人を支える側に回り、ノーベル賞を受賞する結果となり大変うれしい」と緊張した面持ちで話した。

 本庶さんは、自身が取り組んできた生命科学を「人がいかに生きるかという人間の根幹だ」として、基礎研究への投資の重要性に言及。「日本は自動車やITなどの分野で国を支えている。システマチック、長期的な展望でサポートし、若い人が(研究に)人生を懸けて良かったと思えるような国になることが重要だ」と注文を付けた。

 本庶さんの研究チームは一九九二年、異物を攻撃する免疫細胞の表面でブレーキ役として働くタンパク質「PD−1」を発見。がん細胞がPD−1と結合し、免疫細胞の攻撃にブレーキをかけるのを阻止すれば、がんの排除が可能になる。

 本庶さんの発見はその後、免疫治療薬「オプジーボ」として実用化された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報