東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大田区議、口座を不正譲渡 ニセ電話詐欺に悪用

 東京都大田区の荻野稔区議(32)=日本維新の会=が金融業者を名乗る男に譲渡した口座が、ニセ電話詐欺に悪用されていたことが三日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は犯罪収益移転防止法に抵触する疑いがあるとみて、五月に荻野区議を任意で事情聴取した。荻野区議は譲渡を認めたという。三日午後に会見し、説明を行う。

 捜査関係者によると、荻野区議は二〇一七年二月ごろ、インターネットで見つけた金融業者にメールで借金を申し込んだ。その後、業者を名乗る男から電話があり、「キャッシュカードを送ってもらえば、口座に現金を入れて送り返す」と伝えられた。そこで、信用金庫の口座のカードを指定された住所に送ったところ、業者と連絡が取れなくなったという。

 その後、この口座には堺市の六十代の女性から約二百万円の入金があった。女性は市職員を装う男から「医療費の還付金がある」とニセ電話を受け、入金した金をだまし取られていた。

 犯罪収益移転防止法では、キャッシュカードなどを不正に譲り渡す行為に罰則を科している。同庁は、金融業者がニセ電話詐欺に使う口座を調達する「道具屋」の可能性があるとみて調べる。荻野区議は二〇一五年に初当選し、一期目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報