東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

欧州の着陸機を放出 はやぶさ2から再び、りゅうぐうへ

はやぶさ2に搭載された着陸機「マスコット」のイメージ=JAXA提供

写真

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は三日、探査機「はやぶさ2」から小惑星りゅうぐうに向けて、欧州の小型着陸機「マスコット」を放出した。はやぶさ2からの着陸機放出はミネルバ2に続き二回目。

 マスコットはドイツとフランスの宇宙機関が開発した着陸機で、重さは約十キロ、厚さ約二十センチの箱形をしている。カメラや顕微鏡など四つの装置を搭載し、画像の撮影に加え、りゅうぐうの表面温度や鉱物の種類などを詳しく調べる。上空五十一メートルから、りゅうぐうに向けて放出した。地表で弾んで静止した後に探査を開始する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報