東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

離婚の養育費、不払い補填 兵庫・明石市が試験導入へ 最大月5万円

 兵庫県明石市は、離婚相手から受け取るはずの養育費が滞っているひとり親家庭を対象に、最大月五万円の援助が受けられる制度を十一月から試験導入する。市によると、こうした支援制度は全国で初めて。

 厚生労働省の二〇一六年度調査によると、母子家庭のうち、離婚相手から養育費を受け取っているのは24%。明石市によると、市内のひとり親家庭は約二千五百世帯に上る。養育費の不払いで泣き寝入りするケースは多く、市はこれまで、支払いについて書面を交わすよう促してきた。

 新しい制度は、公正証書などで離婚時に養育費について取り決めたことを証明できる世帯が対象。滞った養育費を補填(ほてん)する民間会社に市が保証料を支払ってサービスに加入。離婚相手から全額を受け取れなくなれば、月五万円を上限に差額が支払われる。

 試験期間は一年間で、その後に継続を検討する。市の担当者は「養育費の不払いで生活が苦しいという声は多い。子どもの健全育成につなげていきたい」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報