東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

京成全線10時間止まる 台風で塩害?電線出火

 京成線は五日、複数の送電線から出火して停電が発生し、午前九時半ごろから全線で運転を見合わせ、十時間以上過ぎてから一部区間で運転を再開した。京成電鉄は六日始発から全線で通常通り運転を行う予定だとしている。台風24号の影響で送電線に吹き付けられた海水が乾燥し、電線がショートする塩害が起きたとみて調査。JR東日本でも五日、電車のパンタグラフから火花が散り、塩害の可能性があるとみて調査している。

 京成電鉄によると、午前七時五十分ごろ、一部路線で送電トラブルが発生。その後も二カ所で出火を確認し、全線で運転を見合わせた。駅間での電車の立ち往生はなかった。午後七時五十分ごろから、八千代台−京成成田間、京成上野−京成高砂間などで運転を再開した。

 一方、千葉市のJR千葉駅では五日午前六時ごろ、ホームに到着した総武快速線電車のパンタグラフから火花が出ているのを発見。外房線など計八路線で最大三時間四十分の遅れや運休が出た。午後四時ごろには、総武快速線新小岩−市川間の線路脇で陥没が見つかり、約二時間にわたって上下線が運転を見合わせた。JR東によると、二つのトラブルによる影響は計約十二万人に上った。

 東武鉄道によると、東武野田線でも午後九時四十分ごろ、馬込沢駅(千葉県船橋市)構内で火花のようなものが出たため、一部区間で運転を見合わせた。塩害との関連を調べる方針。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報