東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新潟・三条市、36.0度の猛暑日

 台風25号の影響で暖かい空気が流れ込み、新潟県三条市で六日午後二時四十分ごろに三六・〇度を観測した。季節外れの猛暑日(三五度以上)となり、十月の国内最高気温の記録も更新した。七日も三〇度を超える地点が相次ぐとみられ、運動会やレジャーなどで屋外にいる時には水分補給などの熱中症対策が必要だ。

 気象庁によると、北陸は好天で日照時間が延び、太平洋側から流れ込む暖かく湿った空気が山を吹き下ろす際に気温が上がる「フェーン現象」も影響したとみられる。これまでの記録は新潟県糸魚川市で二〇一三年十月九日に観測した三五・一度。

 他に新潟県内では上越市で三五・七度、長岡市で三五・三度、柏崎市で三五・一度を観測し、各地点での十月の最高気温を軒並み更新した。石川県かほく市で三三・八度を観測したほか、中国や四国でも三〇度以上の真夏日になる地点が多くなった。七日も南寄りの風が入りやすいため、関東や東海で気温が上がりそうだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報