東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

70代の体力 過去最高 中学〜40代女性は運動離れ

写真

 スポーツ庁は七日、体育の日を前に、二〇一七年度体力・運動能力調査の結果を公表した。体力テストの結果を点数化した合計点は、七十代は男女ともに調査開始以降の最高を更新し、高齢者の体力の充実ぶりが目立った。一方、女性の運動実施率は中学生から四十代にかけて低迷し、課題が浮上した。

 同庁は「高齢者が健康を強く意識し、ウオーキングなどの運動を実施する機運が高まっている」と分析。若い女性の運動離れの要因は「はっきりしたことは分からないが、働く世代については社会進出が進み時間がなくなったことなどが考えられる」とした。

 今回は一七年五〜十月、六〜七十九歳の男女六万四千六百四十八人を調査。握力や上体起こし、長座体前屈など各項目の体力テストや運動習慣に関するアンケートを行った。

 六十五歳以上は六項目を点数化し六十点満点で結果をまとめた。上体起こしや六分間歩行は男女ともほとんどの年齢で上昇。七十五〜七十九歳の男性は三六・二八点、女性は四年連続の過去最高となる三六・〇三点で、いずれも約二十年の間に六点程度伸びた。七十〜七十四歳の男女に加え、六十五〜六十九歳の女性もこれまでの記録を更新。六十五〜六十九歳の男性も二番目に高かった。

 六〜十九歳の男女は体力がピークだったとされる一九八五年度ごろに比べると、中高生男子の五十メートル走を除き低水準だが、ここ数年は男女ともおおむね上昇傾向か横ばいとなった。子育て世代の三十〜四十代の男女は伸び悩んだ。

 一方、各年代の運動習慣の状況を、現在の形式で調査を始めた九八年度と比較する分析も実施。「週一日以上運動する」とした人は、男性はほぼ全ての年代で増加した一方、中学生から四十代までの女性は減少、特に十九歳女性は46%から34%に大きく落ち込んだ。同庁は女性が気軽に運動できる環境づくりを進める方針。

 幼児期に外遊びの頻度が高かった小学生ほど、運動習慣が身に付き体力テストの合計点が高い傾向があり、幼児期の運動の重要性が改めて確認された。

<体力・運動能力調査> 国民全体の基本的な体力や運動能力の状況を把握し、政策に反映させるため、東京五輪が開かれた1964年度から毎年実施し、体育の日に合わせて公表している。98年度から現行の調査項目となり、対象年齢も60代と70代が加わって、6〜79歳と幅広くなった。19歳以下は選択項目を含めて握力など8〜9項目、20歳以上は6〜7項目の記録を測る。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報