東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

いじめ訴え自殺未遂3回 川口の男子中学生 第三者委が調査

 埼玉県川口市立中の男子生徒(14)が入学当初からいじめを受けたとして、三回にわたり自殺を図っていたことが市教育委員会への取材で分かった。首をつるなどしたが一命を取り留めた。学校側はいじめがあったと認め、第三者委員会が詳しい事実関係を調査している。

 市教委によると、生徒は二〇一六年四月に入学。五月ごろから、サッカー部の同級生や先輩に悪口を言われたり仲間はずれにされたりした。

 生徒は同年九〜十月、自宅で二度首をつり一時意識不明となったほか、昨年四月には自宅近くのマンション三階から飛び降り、頭蓋骨などを折る重傷を負った。

 生徒は一度目の自殺未遂の前、いじめ被害を訴える手紙を担任教諭に手渡していたが、学校側はいじめに該当する事案がないとの調査結果を生徒側に伝えていた。生徒は一時不登校となり、学校側がいじめがあったと認めたのは、飛び降り自殺を図った後だった。

 一部のサッカー部員や保護者は生徒に謝罪した。市教委は「事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報