東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

平均71歳「世界で戦える」 ローンボウルズ3人はつらつ

9日に行われたローンボウルズ個人戦の試合を終え、笑顔を見せる(左から)山外芳敬選手、児島久雄選手、植松博至選手=ジャカルタで(共同)

写真

 【ジャカルタ=共同】ジャカルタ・アジアパラ大会のローンボウルズ日本代表で平均年齢七十一歳の「おじいちゃんトリオ」が九日、個人戦に次々と出場した。「年を取っても世界を舞台に戦える」。メダル獲得を目指し、はつらつと海外選手と渡り合う姿は、高齢化が進む日本のお年寄りを勇気づけそうだ。

 ローンボウルズは重心が偏った扁平(へんぺい)型のボールを転がし、約三十メートル先の目標球にどれだけ近づけられるかを競うゲームで、カーリングと似ている。

 三人は、日本選手団で最年長の山外芳敬(やまそとよしのり)選手(77)、二番目に高齢の植松博至選手(70)、競技歴三十年のベテランで監督を兼ねる児島久雄選手(66)。厳しい日差しの中で目標に狙いを定め、巧みにボールを寄せた。

 児島選手は「日本の高齢者や障害者の励みになればうれしい」。山外選手は「精いっぱいプレーできた」と笑顔。植松選手は「体力ある限り頑張る」と語った。

 この競技はパラリンピックの対象ではないため、三人は二年後の東京パラに出場できない。だが障害者スポーツへの関心の高まりを感じており「競技の魅力を広めて競技人口を増やすチャンス」と児島選手は意気込む。

 適度に頭を使い体を動かす。リハビリや認知症の予防につながることも期待され、年齢も障害の有無も問わずに誰でも楽しめる。「このローンボウルズを、いつかパラ種目に」との思いで三人は競技を盛り上げていく。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報