東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

富山・交番襲撃 元自衛官を再逮捕 警官への強盗殺人容疑

 富山市の交番で六月、警察官が刺殺され奪われた拳銃で近くの小学校の警備員が射殺された事件で、富山県警は十日、交番所長の稲泉健一警部補=当時(46)、警視に昇進=に対する強盗殺人などの疑いで、同県立山町末三賀、元自衛官島津慧大(けいた)容疑者(22)を再逮捕した。同日、県警は会見を開き「取り調べには淡々と応じている。容疑については全ておおむね認めている」と明らかにした。

 再逮捕容疑は六月二十六日午後、富山市の富山中央署奥田交番で、稲泉警部補をナイフで二十五カ所以上刺して殺害し、拳銃を奪ったとされる。

 島津容疑者は交番を襲った後、周辺の住宅地をうろつき、奪った銃で近くの奥田小学校に発砲。銃撃され死亡した警備員中村信一さん=当時(68)=への殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたが、駆け付けた警察官に腹部を撃たれ、一時重体になった。治療のため一時釈放されて富山市内の病院に入院し、県警は回復を待っていた。県警は中村さんに対する殺人容疑でも再逮捕する方針。

 島津容疑者は犯行前、市内のアルバイト先の店で店長(四十代)から勤務態度を指摘されて立腹。馬乗りの状態で体や頭などを殴って三週間程度のけがを負わせたとして、傷害の疑いでも再逮捕された。

 島津容疑者は十日午前八時半ごろ、病院から富山中央署に移送された。関係者によると、島津容疑者は脊椎損傷で歩くことができず、車椅子で移動しているという。襲撃現場となった奥田交番は、十分な安全性を備えた「モデル交番」として来秋までに建て替えが決まっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報