東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

五輪偽ピンバッジ、所持容疑で男逮捕 ネットで転売繰り返す

2020年東京五輪のマスコット「ミライトワ」を複製したピンバッジ=12日、警視庁愛宕署で

写真

 東京五輪のマスコットを無許可で使用したピンバッジを販売目的で所持したとして、警視庁生活経済課は、著作権法違反容疑で埼玉県川越市南台三、自称輸入販売業土場(どば)孝弘容疑者(48)を現行犯逮捕した。同課によると、五輪マスコットの偽グッズの摘発は全国初。

 逮捕容疑は、十日午前八時五十分ごろ、自宅でマスコット「ミライトワ」のピンバッジ五個を販売目的で所持したとされる。容疑を認めている。

 同課によると、偽ピンバッジは正規品では存在しないデザインだった。土場容疑者は海外のインターネットオークションサイトで、偽物とみられる東京五輪とパラリンピックのマスコットや大会エンブレムのピンバッジを購入し、国内向けにネットで転売を繰り返していた。今年三〜八月に約四十七万円を売り上げたという。同課は土場容疑者の自宅から三百点以上のピンバッジを押収した。

 捜査関係者によると、五輪を前にグッズの偽造品の流通が横行。警視庁は、これまでにも招致ロゴや大会エンブレム、「TOKYO 2020」の文字商標の偽グッズを摘発している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報