東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

消えた灯台を海底で発見 奄美、高さ11メートル 台風24号で倒れる

鹿児島県奄美市の名瀬港の防波堤から消失し、近くの海底で発見された灯台=13日

写真

 奄美海上保安部(鹿児島県奄美市)は、九月の台風24号の接近後、同市名瀬港の防波堤から消失した高さ十一メートルの灯台を近くの海底で発見した。奄美海保が十四日、明らかにした。

 灯台と基礎部分を固定するボルトがさびていたため、台風の強い雨風で基礎部分を残して消失したとみられる。海上保安庁は、同様にボルトで固定された全国の灯台を点検することを決めた。

 奄美海保によると、防波堤の西北西約二百五十メートル、水深約一三メートルの海中に沈んでいた灯台を音響装置で見つけ、潜水士が確認した。原形はほぼとどめていた。航行する船舶に影響はないとしている。

 耐用年数は残り十年ほどあり、ボルトの固定箇所は外側から見えないため、定期点検でさびなどは確認できなかったという。灯台があった防波堤には現在、応急的に仮灯が設置されているが、新たな灯台の設置については未定としている。

消失前(左)と9月30日に消失が確認された時の様子(右)=いずれも奄美海上保安部提供

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報