東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ホタルの光は遺伝子コピーミス 基礎生物学研など解明

 基礎生物学研究所と中部大などの研究チームがホタルのゲノム(全遺伝情報)を解読し、遺伝子のコピーミスが繰り返されたことによって、ホタルが光る能力を獲得したことが分かったと、十六日付の国際科学誌電子版に発表した。多くの生物が持っている脂肪酸代謝酵素の遺伝子が、発光に関わる遺伝子の起源だったとしている。

 光る生物はホタルのほか、魚類や軟体動物、キノコなど多岐にわたる。中部大の大場裕一准教授(発光生物学)は「ホタルの分析をきっかけに、発光生物の進化の歴史が分かるのでは」と期待している。

 チームは、日本の代表的なヘイケボタルと、米国の「フォティヌス・ピラリス」というホタルのゲノムを解読。それぞれ約一万五千個の遺伝子を特定した。

 さらに、発光に関わることが知られている酵素「ルシフェラーゼ」の遺伝子に着目し、配列を詳しく調べると、脂肪酸の代謝に関わる酵素の遺伝子と似ていることが分かった。他にも似た遺伝子が複数見つかったことから、細胞分裂の際、通常は一個ずつコピーされるはずの脂肪酸代謝酵素の遺伝子が、複数個コピーされるミスが繰り返され、そのうちの一つがルシフェラーゼの遺伝子に変化したとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報