東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

KYB系のオイルダンパー 鎌ケ谷市庁舎は交換へ

 関東の一都六県では計四百二十八件の建物でデータ改ざんが疑われており、各自治体は情報収集などに追われた。

 千葉県建築指導課によると、県内では免震用のオイルダンパー三十六件が、国土交通相認定の性能評価基準に不適合だった。建物の用途や場所を一部把握できていない物件があり、KYBに情報提供を求めている。同県鎌ケ谷市は昨年三月ごろ、市庁舎地下にKYB子会社の免震用オイルダンパー八基を設置。市は「多くの市民が利用する施設であるため、すみやかにダンパー交換を進めたい」とコメントを出した。

 神奈川県内には改ざんの疑いのある物件が七十一件あった。県の担当者は「建築基準法違反が確定しているわけではなく、個別の建物名は公表できない」と説明。建物の所有者に安全性の調査を指示する方針だ。

 横浜市には午後七時に国土交通省から対象物件のリストが届いた。「庁舎」「住宅」など建物の分類が示されていたが、担当者は「どの物件がどの分類に入るか不明で、詳しい調査が必要」と述べた。

 約十年前までKYBに勤めていた七十代の元社員は「データ管理は製品管理の基本的な部分。それもできていなかったとは。社内のチェック体制がいいかげんだ」と、あきれた様子で語った。 (村上豊、志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報