東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ゴジラ」「富士山」星座になった NASA参加チーム認定

NASAなどが参加する研究チームが認定した「ゴジラ座」のイメージ=NASA提供

写真

 米航空宇宙局(NASA)などが参加する研究チームは18日、日本を代表する怪獣「ゴジラ」や富士山を星座として新たに認定したと発表した。電磁波の一種で、目には見えない「ガンマ線」を放つ天体を線で結んだ独自の星座で、オリオン座やカシオペヤ座といった、国際天文学連合(IAU)が定義する一般的な88の星座とは異なる。

 東宝やNASAによると、ゴジラの選定理由は、ブラックホールや中性子星の活動でガンマ線が大量に放出される「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象が、ゴジラが放つ放射熱線と似ているためという。

 このほかに米国漫画のヒーロー「超人ハルク」や、童話「星の王子さま」といった星座も認定され、合計で約20に上る。

 星座は、日本も参加したガンマ線観測衛星「フェルミ」の打ち上げ10周年を記念して発表された。富士山は日本の研究への貢献の象徴だとしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報