東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

埼玉・和光 80代夫婦殺傷 孫の中3、身柄確保

写真

 十八日午後七時半ごろ、埼玉県和光市本町のマンションの一室で、この部屋に住む無職佐藤良樹さん(87)と妻(82)の二人が血を流して倒れているのを、訪問した娘(53)が発見し、一一九番した。佐藤さんは現場で死亡が確認され、妻は病院に運ばれて重傷とみられる。いずれも上半身に刃物でつけられたとみられる複数の傷があった。

 県警は殺人事件として捜査を始め、十九日午前、行方が分からなくなっていた孫の中学三年の少年(15)の身柄を同県川越市内で確保し、事情を聴いている。県警によると、少年は事件への関与を認める趣旨の話をしている。

 佐藤さん夫妻は二人暮らし。孫の少年は娘の子で、夫妻と同じマンションの別の部屋で暮らしていた。仕事から帰宅中だった娘の携帯電話の留守番電話に、母親から訪問を促すような内容が録音されていた。

 マンションの監視カメラには十八日夕、マンションを出る少年のような男の姿が写っていた。現場近くでは、夫妻が発見されたのと同じ時間帯に「中学生くらいの男が刃物を持って歩いている」との目撃情報があった。県警が関連を調べている。

 現場は、東武東上線和光市駅の南西約五百メートル。近くには保育園や小学校がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報