東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

死体検案書で「手数料」82万円詐取 埼玉 警官を詐欺容疑逮捕

 職務に絡んで女性から現金約八十二万円をだまし取ったとして、埼玉県警捜査二課などは十九日、詐欺などの疑いで、同県警草加署刑事課巡査の石河大典(だいすけ)容疑者(22)=越谷市袋山=を逮捕した。「ゲーム機の購入やスマホゲームの課金に使った」と供述し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑では、九月二十七日、草加市内の自宅で病死した男性の長女(48)に対して「死体検案書の他に八十二万円かかる」とうそを言い、同署一階ロビーで八十二万円をだまし取ったとされる。十月十八日にも署内から電話をかけて「二百万円足りない」と催促し、だまし取ろうとした疑い。

 検案書は医師が作成する検視結果の記録で、遺族は任意で提出するが、費用はかからない。急死の通報を受けて男性宅を訪れた石河容疑者は、長女とのやりとりから多額の預金があることを知ったという。不審に思った遺族が同署に相談し、発覚した。石河容疑者は「数十万円の借金がある」とも話しているという。

 古田土等(こたとひとし)・首席監察官は「警察官としてあるまじき行為であり、大変遺憾。調査結果を踏まえ、厳正に対処します」との談話を出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報