東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

死傷夫婦の腕に防御創 容疑の中3「まず家族から」供述も

 埼玉県和光市のマンションで高齢夫婦が殺傷され、孫で中学三年の少年(15)が祖母(82)への殺人未遂容疑で逮捕された事件で、夫婦の腕などには抵抗した際にできる防御創があったことが二十日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、少年と祖父母の間で何らかのやりとりがあった後に事件が起きたとみて詳しい状況を調べている。

 捜査関係者によると、殺害された祖父(87)の上半身には十数カ所の傷があり一部は臓器に達していた。祖母も首などを切られ重傷。いずれも前面にしか目立った傷がなく、不意に背後から襲われた形跡はないという。

 少年が事件翌日の十九日午前、同県川越市の東武東上線川越駅付近で身柄を確保された際にバッグに入れていた刃物は、大きさの異なる四本だったことも判明。同駅は現場から約二十キロ離れており、少年の通学経路だった。少年は「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだった。家族に迷惑が掛かるので、まず家族を殺してからにしようと思った」という趣旨の供述をしているという。少年は、同じマンションの別の部屋に両親と住んでいた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報