東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

医学部入試、不適切4事例 文科省中間報告 大学名示さず

写真

 文部科学省は二十三日、全国八十一大学を対象に実施している医学部入試の緊急調査の中間報告を公表した。「不適切な可能性が高い」として、試験の得点が同じでも、長期浪人生や女子は面接試験などでより高い評価を得ないと合格にならない場合がある、といった四つの事例を示した。

 既に不正な入試が明らかになっている昭和大を除き、該当する具体的な大学名や校数は調査が継続していることなどを理由に明かさず「大学自らが公表することが重要と伝えている」とした。

 公表した事例は(1)調査書や書類審査で現役生に加点し、長期浪人生には加点しない(2)長期浪人生や女子は面接でより高い評価を得ないと合格させない(3)卒業生の子女ら特定受験生は合格圏外でも合格させる(4)繰り上げ合格を伝える際、総合得点下位の特定受験生に先に連絡する−の四つ。一つの事例に複数校が含まれる場合があり、昭和大は(1)と(3)に該当する。

 また、合否判定への影響は確認できなかったものの、補欠合格の決定などを学長や医学部長らに一任したり、合否判定資料に受験生の年齢や性別、卒業生などの情報を記載したりするケースもあり、疑惑を招きかねないとして改善を求めた。

 中間報告では、募集要項などで説明せずに、特定の受験生を合理的な理由なく合格や不合格にしたり、性別や年齢、現役・浪人の属性によって取り扱いに差をつけたりすることを不適切と判断すべきだとする基準を明示。柴山昌彦文科相は「受験生の努力を裏切り、大学に対する社会的な信頼を損なう事態で大変遺憾だ」との見解を示し、医学部を持つ八十一校に限らず全国の大学に対し、来年の入試に向けて選抜方法の再点検などの対応を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報