東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

渋谷区「ハロウィーン マナー守って」 瓶の酒販売自粛を

ハロウィーンの仮装姿で路上を埋め尽くす人たち=昨年10月31日、東京都渋谷区で

写真

 十月三十一日のハロウィーンで東京・渋谷のスクランブル交差点などに集まる人が残す大量のごみや騒音に悩む渋谷区は今年、当日夜から翌朝までの瓶入りアルコール飲料の販売自粛を渋谷駅周辺のコンビニエンスストアなどに呼び掛ける。会員制交流サイト(SNS)の区の公式アカウントでは終電までの帰宅も呼び掛け、モラルとマナーを守って楽しむよう発信を強める。

 二十三日、長谷部健区長らが「ハロウィーンに対する見解・対応」を会見で発表した。長谷部区長は「ハロウィーンの集まりは自然発生的で規制は難しく、苦肉の策。ただなるべく規制はしたくない。ポジティブに楽しんでいる人もおり、渋谷の新しい文化として定着しつつもある」と、悩ましい現状を訴えた。

 ハロウィーンで渋谷の路上に仮装した人が集まるようになったのは四年ほど前から。年々来訪者は増えていると思われ、仮装した人を見に来る外国人観光客もいる。帰りがけに袋を配ってごみを集めていく人や、翌朝の清掃ボランティアへの参加者も増えているが、昨年は瓶など資源も含め約七・八トンのごみが出た。

 瓶は酔って割る人や、ごみ拾い中に割れて危ないという声があり、六月のサッカー・ワールドカップの日本戦開催日にも自粛を呼び掛け、七店が協力。ただ自粛しない店もあった。地元の大石隆士・大向(おおむかい)地区町会連合会会長は「商店街は売り上げに結び付かない、騒ぎに巻き込まれると弊害を訴える声が多い」と、経済効果があるのは一部との見方を示した。区のナイトアンバサダーでラッパーのZeebraさんは「遊ぶ分には大賛成。節度を持って遊んでもらえたら」と話した。(神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報