東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

長野ヘリ墜落 山肌接近、回避せず 機長、居眠りの可能性

写真

 長野県松本市の山中で昨年三月、県消防防災ヘリコプターが墜落し、乗っていた九人全員が死亡した事故で、運輸安全委員会は二十五日、山肌に接近しても回避操作が行われずに墜落したとする調査報告書を公表した。事故につながる機体のトラブルはないとみられ、男性機長=当時(56)=が短時間の居眠りで意識が低下していた可能性を指摘したが、機長を含めて搭乗した全員が死亡したことから、原因は特定できなかった。

 報告書によると、昨年三月五日午後一時三十三分に県営松本空港を離陸したヘリは市街地の上空を飛んで右旋回した後、時速百八十五キロで水平飛行した。目的地の標高約千五百八十メートルから航空法施行規則で定められる最低安全高度(百五十メートル)を保った高度千七百四十メートルを維持し、鉢伏(はちぶせ)山(一、九二九メートル)の山肌が近づいても機体の姿勢や速度に変化がないまま樹木に衝突し、山の斜面に墜落した。

 安全委は、機体の故障で操作できなくなった可能性は「極めて低い」と指摘。搭乗した隊員がヘルメットに装着したビデオカメラの映像などから、機長が心臓発作といった体調急変で操縦不能に陥った可能性も低いとした。

 機長は事故六日前まで十日間のフィンランド旅行に出掛けていた。事故当時は一般に眠気の増しやすい時間帯で時差の影響もあり、ごく短時間の居眠りに陥った可能性を挙げた。過去に飛行中、片手でカメラを持って撮影して上司から注意されたこともあり「機長の周囲への見張り義務が適切に行われなかった場合もあると考えられる」とした。機長は甲状腺機能亢進(こうしん)症などで投薬治療中だったが、航空法施行規則で義務付けられている持病の申告をしていなかったことも判明。薬に眠気を誘う副作用はなかったが、安全委は病歴などの自己申告を徹底するよう国土交通省に求めた。

<長野県消防防災ヘリ墜落事故> 2017年3月5日午後1時41分ごろ、山岳救助訓練に向かった県消防防災ヘリ「アルプス」が同県松本市の鉢伏山山中に墜落し、乗っていた操縦士や消防隊員ら9人全員が死亡した。機体は米ベル・ヘリコプター・テキストロン社製「ベル412EP型」。県警は業務上過失致死の疑いで捜査本部を設置し、捜査している。県は今年5月、民間から機体を借り上げて運航を再開。空中消火や救急搬送などの活動をしており、高度な技術を要する山岳救助は訓練中。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報