東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

西沢潤一さん死去 92歳「ミスター半導体」

写真

 半導体や光通信の先端技術の分野をリードして「ミスター半導体」と呼ばれた東北大元学長の西沢潤一(にしざわじゅんいち)さんが二十一日に死去していたことが分かった。東北大が二十六日、発表した。九十二歳。仙台市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

 東北大工学部、大学院で学び、一九六二年に東北大教授。東北大学長や岩手県立大学長を歴任し、首都大学東京初代学長も務めた。

 既存の半導体に改良を加えて開発した「pinダイオード」は、使用可能な電力や周波数を大幅に広げ、新幹線の送電システムや携帯電話などの通信に利用されている。

 また、発光ダイオード(LED)の新たな製造技術を開発して強い光を出せるようにし、それまで光が微弱で電光掲示にしか使えなかったLEDを照明として利用できるまでにした。

 光通信分野では、電気信号の情報を光信号に変換したり、逆に光信号を電気信号に戻したりする技術や光信号を遠方に運ぶ光ファイバーなど必要となる要素技術を全て発明。「光通信の父」とも呼ばれた。

 首都大学東京の学長となる際には、取材に「暗記するだけでは駄目。新しい発想は出てこない」と話し、独創性を育む教育の重要性を説いていた。

 八九年に文化勲章、二〇〇二年に勲一等瑞宝章を受章した。 (写真は一二年撮影)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報