東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

四国電、伊方3号機 再稼働

写真

 四国電力は二十七日未明、伊方原発3号機=写真、愛媛県伊方町、出力八十九万キロワット=を再稼働させた。昨年十月から定期検査に入り、同十二月の広島高裁の運転差し止め仮処分決定により停止が続いたが、今年九月の同高裁異議審決定で再稼働が認められた。今月三十日に発送電を始め、十一月二十八日に営業運転に移る見通し。

 伊方3号機は日本一細長いとされる佐田岬半島の付け根にあり、重大事故の際、原発よりも半島の先端側に住む約四千五百人が孤立する可能性があるほか、近くには国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」が通る。避難計画の充実や地震対策が今後も大きな課題となる。

 燃料の核分裂を抑えていた制御棒を引き抜き、原子炉を起動。半日ほどで、核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達する予定だ。

 伊方町で二十六日、記者団の取材に応じた愛媛県の中村時広知事は「県としては再稼働しようがしまいが(事故の)リスクは変わらない。徹底した安全対策を求めていく」と強調。四国電の佐伯勇人社長は「(再稼働の)工程一つ一つを丁寧にチェックして、安全第一で作業を進めたい」と述べた。

 3号機は、東京電力福島第一原発事故を踏まえ策定された原子力規制委員会の新規制基準への適合性審査に合格し、二〇一六年八月に再稼働した後、定検に入った。今年一月の稼働を見込んでいたが、昨年十二月の広島高裁の運転差し止め仮処分決定により運転停止が継続。しかし広島高裁が今年九月二十五日、四国電の主張を認める異議審決定を出し、再稼働が可能となった。

写真

◆稼働原発は8基 12基の審査続く

 四国電力伊方3号機(愛媛県)が再稼働したことで、運転中の原発は、関西電力の大飯3、4号機と高浜4号機(いずれも福井県)、九州電力の玄海3、4号機(佐賀県)と川内(せんだい)1、2号機(鹿児島県)の五原発八基となった。

 これまでに原子力規制委員会の審査で新規制基準に適合し再稼働したのは五原発九基で全てが西日本に立地する。高浜3号機は定期検査で停止している。規制委は八原発十二基の審査を続けており、東北電力女川2号機(宮城県)と中国電力島根2号機(島根県)が先行する見込み。北海道電力泊原発(北海道)は、敷地内の活断層の有無の判断に時間がかかり、先が見通せない。

 十一月末に運転期限四十年を迎える日本原子力発電の東海第二(茨城県)は新基準に適合し、最長二十年の運転延長も近く規制委に認められる。再稼働には周辺六市村の同意が必要となるが、茨城県那珂市長が反対を表明。再稼働できる見込みはたっていない。(宮尾幹成)

写真

 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報