東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「受け子」半数報酬なし 逮捕者調査 入学・就職取り消しも

写真

 報酬はもらえず、代償は高い−。特殊詐欺事件の逮捕者の半数以上が詐欺グループ内で約束された報酬を得ていないことが二十七日、神奈川県警が逮捕した容疑者らを対象に実施した調査で分かった。「大学をやめた」「離婚した」との回答もあり、加担したことを後悔している実態が浮かび上がった。

 一〜九月に逮捕した百六十二人のうち九十六人が回答し、ほとんどが「受け子」と呼ばれ、被害者から金などを直接受け取る組織末端の役割。十代と二十代で84%を占めた。詐欺グループに加わる若者は増加傾向にあり、実態を明らかにすることで歯止めをかける狙いがある。県警は「安易な気持ちで加担しているが、少額すらもらえずに切り捨てられる」と警告している。

 動機は80%が「一時的な金稼ぎ」のためとしたが、51%は約束した報酬を全く受け取れず、得られた場合でも半数近くが十万円未満だった。

 逮捕によって専門学校の入学や就職の内定が取り消されたケースも。「報酬をもらえずに逮捕された上、弁護士費用や被害弁済に金を払った」「詐欺グループの仕返しを恐れる毎日」との回答や、「指示役は信じるな」「受け子は逮捕要員」との「助言」もあった。

 約七割が友人や学校の先輩といった知人からの勧誘で詐欺グループに加わっており、県警幹部は「自宅などを知られているため家族に害が及ぶことを恐れ、無報酬なのに抜け出せないケースもある」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報